「金色のコルダ4」発売直前・まとめ

 

 間もなく発売、「金色のコルダ4」。管理人はAmazonさんにて通常版を予約済みです。

 発売日に遊べるかどうかは、今のところ、ちょっと定かじゃないんですが……(汗)。

ひとまず現時点で楽しみに思っていること・ちょっと不安に思っていることを綴ってみました。

 以下は、公式ホームページで明らかになっている「コルダ4」の情報から。

 

・「コルダ4」あらすじ

・「コルダ4」に期待してること

・「コルダ4」でちょっと不安なこと

・まとめ

 


 

「コルダ4」あらすじ



 主人公及びメインキャラは「3」と同じ。舞台も同じ横浜・星奏学院。

 夏の「全国学生音楽コンクール」での優勝から一ヶ月、後輩のハルに誘われて、とあるコンサートに参加することになった主人公と、幼なじみの響也。

 色々あってコンサートは成功――

 それがきっかけで、コンサートのおもしろさにハマった主人公が、さまざまなコンサートを企画・開催、果ては「伝説のジルベスターコンサート」の再現を目指す、という。

 

 季節は秋から冬、テーマは「コンサート」と、基本的には「コルダ2」と一緒ですね(笑)。

 文化祭やクリスマス等のイベントが楽しめるのも同様。

 

 攻略キャラと「恋人同士」の状態からゲームを始めることはできないようなので、「前作で主人公は誰ともくっつかなかった」という設定なのでしょう。

 それ以外の、個別の設定についてはまだわかりません。……例えば、「冥加との過去の因縁を主人公はちゃんと思い出しているのか」とか、「律の腕のケガの具合は」とか。

 個人的に気になるのは、ソロファイナルの結果。

 東金ファンの管理人としては、あっさり冥加に負けたことにされてたりしたらヤだなあ……

 

 システムについては、コルダ3から追加された音ゲー要素はあるものの、基本的には「2」から延々と続くアンサンブル形式のようです。

 最初に個別練習で楽曲の習熟度を上げ、その後アンサンブル練習で全体の完成度を上げ、その過程で個々人の親密度も上げ……っていう流れですよね、多分。

 これ、文句ナシにおもしろいシステムなんですが、「2」からずっとやっている分、だいぶ飽きも来ていて……

 それでも、ちょっとした工夫で違ってくる可能性もありますし、新たに追加された「先生システム」等がその役割を果たしてくれるのを期待。

 

 前作キャラから、月森と土浦が登場。

 ……無難なチョイスですね。2人とも、見た目、それほど変わってないし……

 個人的には、外見が大きく変化していそうなキャラ……例えば、少年から大人の男になった志水くんとか、いい感じのおっさん(ほめ言葉ですよ)になってるはずの金やんと吉羅とか、間違いなく魅力的な女性になっているに違いない天羽ちゃんと冬海ちゃんとか、見たかったですが。

 いや、前作キャラの登場って、下手するとファンの地雷になるっていうのはわかりますよ。わかるけどね……うーん……

 火原を出した以上、親友の柚木はいつか出してもらいたいところだけど……

 


 

「コルダ4」に期待してること



 今回、管理人が特に楽しみにしているのが、恋愛面のシステムの充実。

 特に「片想いシステム」ですね。

 主人公からの想いと攻略キャラからの想い、2つのパラメータによってイベント内容が変化する、という。

これ、こういうのを待ってた!という感じ(笑)。

 全容はまだわかりませんが、攻略キャラ同士の恋の鞘当てなんかもあるようですし、単調なイベントを重ねるだけではない、複雑な人間関係を是非とも。

 

 場合によっては、主人公の片想い→失恋エンディングなんかも見たい。

「コルダ1」の時は、システムが難しい分、なかなか思った通りにいかなくて、だからこそ「次こそは!」と周回プレイにのめり込んだものです。

 ゲームはある程度、難易度が高い方がおもしろい(個人的な意見です)。

 目指すは、攻略キャラ全員の「片想い」を勝ち取り、主人公はただ1人の本命だけを想う、「全員攻略」状態ですね!(冗談です)

 

 男子同士が親友になる、「仲間イベント」にも注目。

親友、兄弟、先輩後輩に幼なじみ、と仲のいい組み合わせはいくつも思いつきますが、公式様によれば「意外なキャラ同士も仲良く」とのことなので、楽しみです。

 

ただ、これも「一緒にコンサートをひらくことで仲良くなる」わけですよね?

アンサンブルの編成はプレイヤーの自由、と書いてあるんですが……今までのシリーズでは、楽曲の選び方によって、楽器の編成は自ずと制限を受けていました。

特に3の攻略キャラは楽器がかなり偏っている(ヴァイオリンが5人も居るのに、ヴィオラやピアノは1人しか居ない)ので、その点、どうなるんだろうと……

弦楽四重奏をやりたければ大地は外せない、ピアノ三重奏ならいつも天宮を使わねばならない……ってなりませんかね?

 管理人の好きなキャラはヴァイオリンが多いため、そこはちょっと心配な点。

 

 公式様のギャラリーを拝見したところ、イベントスチルは今回もキレイ。

 キスシーンのスチルもあるようで、前回よりも踏み込んだ恋愛イベントになるのかな?

システム面の充実といい、なかなか質の高い「恋愛ゲーム」が遊べるんじゃないかと期待しております。

 理想は、「片想いシステム」や仲間同士の親密度によって、イベントや台詞が細かく変化し、結果として何度も遊びたくなるゲーム。

 


 

「コルダ4」でちょっと不安なこと

 

「4」では攻略キャラが1人追加。

オケ部顧問の「須永巧」だそうです。病気療養中だった先生、結局やめちゃったのね……

 攻略キャラ12人も居るのに、増やすのか……というのは置いておくとしても、この人……、本当に先生ですか?(笑)

 

「3」はただでさえ「1」「2」と比べて、「こんな高校生、現実に居ねーよ」というキャラ、増えましたよね(見た目ではなく、中身の話)。

 もちろんゲームですから、ある程度の脚色はいいんですけど。

ただ、それも許容範囲はやっぱりあると思うんですよ。

その範囲を過ぎると、ギャグになっちゃう。ときめくより笑う。もしくは、引く。

「セクシーな大人の魅力」とか言われても……「セクシーな教師」って、アリなの?って感じ。

 まあ、現段階ではちょっと引いている管理人ですが、それも実際に遊んでみれば変わるかもしれません。

 大事なのは中身だ、イベントだ……と思う。

 

 芹沢や氷渡や狩野や伊織は、攻略キャラにはならないようです。

 氷渡はともかく、芹沢は使いたかったな(ピアノが増えるし)。金管五重奏とかもやりたかった……

それとも、あれですか?

 もしかして、「金色のコルダ4AnotherSky」とかも、出す予定がある?

 ……ありうる(笑)。

 それとも、「卒業」と「オーケストラ」をテーマにした「コルダ4アンコール」?

 どっちでもいいですが、その場合は是非、「恋人同士の状態からゲームをスタート」というシステムも入れてほしいですね。

 片想いシステムと掛け合わせれば、より複雑な恋模様が描けそう。場合によっては、乗り換えもアリで(笑)。

 


 

まとめ

 

 とりあえず、今の段階では不安より楽しみな気持ちがずっと大きいです。

 公式様の情報を見た感じでは、なかなか細かいところまでこだわって作られていそうですし、何より、待ち望んでいたコルダ続編なので。

 おもしろいシステムと素敵なイベントで、何度も繰り返し遊びたくなるゲームであることを期待。




その他のゲーム・お品書きに戻る



サイトの入口に戻る