還内府の章 三十四、寿永元年秋(3)

 

今からおよそ2年前。

東国の反乱鎮圧のため、都を発った平家の軍勢は、およそ1万。それが目的地にたどりつく頃には、7万を越える数にまで膨れ上がっていた。

平家の軍勢は、国のトップである朝廷の命令で動いている。つまり、お上の権限によって、各地の兵を徴集していくことができるのである。

一見、便利な話だが、問題がある。それは集められた兵が、平家と直接の関わりはない、ということ。

彼らにとっては、命じられたから戦うだけの利のない戦だ。もともと士気が高いとは言えないところに、兵糧の不足などもあって、大軍の統制が思うようにいかなかったらしい。

 一方の反乱軍である。

実盛が言うには、東国では古来より土地を巡る争いが絶えず、さまざまな勢力が割拠してきた。

京とは異なる文化と伝統を持ち、都と離れている分、朝廷からの独立心も強い。

 もともと勢力争いをしていただけに、けして一枚岩というわけではなかったが、それでも「自分たちの土地」を朝廷から守るという強い目的意識のもと集結していた。

 その数、十万以上。兵の数においても、追討軍を大きく上回っていたのだ。

ろくな補給もないまま、一月近くも旅を続けてきた追討軍では、始めから勝てるはずもなかった――。

 聞いていた将臣はなるほどと思ったが、知盛は話が終わる前から、すでに興味を失ったような顔をしていた。

「そんな話か……」

「そんな話か、っておまえな。他人事みたいに言うなよ」

 将臣を無視して、知盛は冷たい目を実盛に向けた。

「つまり……敵を甘く見た一門の失態だ。総大将の維盛殿に責任はない、と」

「あ、いえ。全く責任がない、とは申しませんが」

 口ごもる実盛を見て、将臣は助け舟を出したくなった。

「あれだろ。戦わずに逃げた、ってのが間違いだって言いたいんだろ。そんな状態なら、戦わなくてむしろよかったんじゃねえのか?」

 知盛は、あくまで実盛から視線を外さない。

「兵を退()く機会なら……いくらでもあったはず、だがな?」

 実盛は下を向いてしまった。

「はい……。維盛様にも、平家の嫡流として、功なり名遂げん、というお気持ちはあったものと思われます。伊藤殿がお止めになっていなければ、あのまま無謀な戦いを挑み、命を落とされていたやもしれません」

 伊藤とは、平家の有力家人の1人、伊藤(ただ)(きよ)のことである。維盛の(めの)()――教育係でもあるとかで、『維盛派』の筆頭と言っていい。

「あの維盛が『無謀な戦い』ねえ……」

 将臣には想像できない。そもそも、維盛が鎧兜をまとい、戦場に立っている姿が思い浮かばない。

 将臣の知る維盛は、楽を奏で、舞をたしなみ、風流を愛す。宮中の女官たちにも人気の、優雅な貴公子だ。

おとなしく控えめな性格といい、正直、戦なんて向いてないんじゃ――と思うが、それを口に出したら失礼に当たるのだろう。維盛は武士なのだから。

「まあ……どうでもいい。すんだことだ」

 知盛が言う。将臣は思わずツッコミを入れた。

「いや、どうでもよくはねえだろ」

「はい、よくはありません」

 実盛も顔を上げ、知盛と正対した。

「維盛様のせいではない、と申し上げたのは、(それがし)の間違いでございました。維盛様お1人のせいではない、と申し上げるべきだったのです」

 どうでもいい、と知盛は繰り返した。

「次の戦は、維盛殿が率いていけばいい。それで富士川の汚名も消せる。……満足、だろう?」

「いや、満足とかいう以前に、ちゃんと勝てんのか?」

 将臣は再度ツッコミを入れた。

 一瞬、沈黙が落ちた。

 実盛が驚いたように目を見開き、知盛は「クッ……」と口元を歪ませる。

「なんだよ、なんで笑うんだ?そこが肝心なとこだろ?」

「おまえでもわかる程度のことが――」

「あ?」

「一門の中には、わからない者も居る。なぜ、だろうな?」

「何言ってんだ?わかるように話せって」

 知盛は愉快そうに笑っているだけだ。代わりに、実盛が言った。

「将臣殿の仰る通りにございます。平家は武門の家柄。かつて平治の乱で勝利したからこそ、今日(こんにち)の繁栄があるのです。負ければ全てを失い、賊軍の身に落ちましょう。今の源氏がそうであるように……」

「言うじゃないか、斉藤」

 ようやく、知盛が笑うのをやめた。

「そういう話なら悪くない……。もっと言ってやったらどうだ?宗盛兄上や……叔父上方にも」

「申し上げました」

「……ほう」

 かすかに眉を上げて、意外そうな表情を作る知盛。

「ですが、普通に戦えば平家が負けることはありえぬと、そう思われているようで……」

「……だろうな」

 ちらりと、知盛の目がこっちを見た、気がした。

 平家の敗北。それは将臣の世界では、過去に実際あった「歴史」だ。

 一応この世界の人たちには秘密にしているが、以前、知盛にだけは、うっかり漏らしてしまったことがある。

 ほんの一言、二言だ。知盛が本気にしているかどうかも怪しい。いや、おそらく本気にはしていないだろうと、将臣は思っているが。

 いっそ、全て打ち明けるのも1つの手かもしれない――。

 一門の敗北を知れば、こいつも少しは危機感を持つだろう。どうでもいい、などと言わずに、真面目に考える気になるやもしれぬ。

 ただ。

将臣の知っている歴史では、源氏に敗れた平家は、そのまま滅亡の道を辿る。

一族の多くが討ち死に、女たちも海に身を投げる、という悲惨な最期だったはず。

それを告げるのは、いくら相手が知盛でもためらわれた。

この世界でもそうなる、と決まったわけではないのだ。加えて、将臣自身の知識もかなり曖昧(あいまい)である。

 具体的に、平家が負けるのは何年後か。それもわからない。

 将臣が知っているのは、あくまで有名な歴史上のヒーロー・源義経に関する逸話であり、平家について詳しく学んだわけではない。

 逆に言えば、義経の名前が出てくるまでは、まだ余裕があるということになるが。

「あー、実盛さん。話は色々あるだろうけど……そろそろ、出掛けねえか?」

「は?」

 実盛がきょとんとする。

「ほら、また剣の稽古つけてくれって。実盛さんの邸でさ」

…………?」

 唐突に話を切り上げようとする将臣に、実盛だけでなく、知盛も怪訝なまなざしを向けてくる。その理由――廊下の奥に宗盛が姿を現したことには、まだ気づいていないようだ。

 逃げるが勝ちだ。

 将臣は問答無用、実盛の肩を押した。

 その後、兄弟の間でどんなやり取りがあったかは知らない。ただ、庭を出て、邸の門が視界に見えてきた辺りで、宗盛の怒鳴り声が背後から聞こえた気がした。




三十五、井上黒の脱走 に進む



目次に戻る



サイトの入口に戻る