還内府の章 三十三、星に願いを(3)

 

「すごいすごい!高いぞ!」

帝の歓声が、内裏にこだまする。

「空が近い!星まで届きそうだ!」

 将臣の肩の上で、帝は夜空に向かって大きく手を伸ばした。

「おい、落ちるぞ」

と声をかけたら(あん)(じょう)、バランスを崩したらしい帝が「うわっ」と言って頭にしがみついてきた。

「もう下りるか?」

「まだだ。もっと遠くへ行こう、将臣殿」

 帝が前を指差す。こんなやり取りも、何やら懐かしい。

 初めて内裏を訪れたあの日のように、将臣は帝を肩車して、内裏の庭を歩き回った。

 少し離れた場所で、平家の人々がその様子を見守っている。

 時子はほほえましそうに。知盛と重衡は、酒を飲みながらおもしろそうに。さっき帝と将臣の仲を心配してくれた清宗は、いかにもホッとした顔で。幼い弟の副将丸は、その膝にもたれて眠ってしまっている。

帝の母親、建礼門院だけは、あいかわらず扇で顔を隠していて表情が見えない。

ただ、扇の陰からほんの少しだけのぞく瞳は、我が子の姿を見つめている。その目は時子と同じく、ほほえんでいる気がした。

「将臣殿」

 帝の声が、耳元でした。ついさっきまでとは違い、ひどく真面目な声だった。

「ん?どうした?」

「…………」

 帝はしばしためらった後、

「将臣殿は私の友達だな?」

と確かめるように言った。

 ふっと将臣は笑った。すっかり機嫌は直ったのかと思えば、やはりわだかまりは消えていなかったか。……多分、それを聞くタイミングをずっと伺っていたのだな、と思った。

「おう」

「これから先も、ずっとずっとだな?」

「…………」

念押しされて、少し迷った。

もっとこの世界のことを知ろうと――気楽な客人のままで居るのは、終わりにしようと決めた。

だが、それでも将臣は、この世界の人間ではない。いつか自分の世界に帰りたいと願っている。

そうなれば、帝ともお別れだ。帝だけではない。この世界に来てから出会った全ての人々とも。

「おまえがそう思ってくれるのは嬉しいんだけどな」

 小さくため息をついて、将臣は言った。

「おまえ、清盛から聞いたんだよな?俺が、こことは違う、別の世界から来た、ってこと」

初めて会った時、帝は利発な瞳を好奇心に輝かせ、恐れもせずに将臣に近付いてきた。そしてこう言った。――そなたが異界より参った客人であるか?と。

「まあ、その話自体、信じられないって奴もけっこう居るわけだが……」

「私は信じるぞ」

 将臣の言葉を遮り、帝はきっぱり言った。

「おじいさまが私に嘘をついたはずがない。もちろん、将臣殿も嘘つきなどではない」

「……ありがとよ」

と将臣は答えた。それから、何やらくすぐったくなって、意味もなくぽりぽりと顔をかいたりした。

「もとの世界には、将臣殿の父上や母上が居るのか」

 真面目な声のまま、帝が問いかけてきた。

「……ああ、居るよ」

 将臣は両親の顔を思い浮かべた。

今頃、どうしているだろう。息子2人が行方不明のままで。

望んでこうなったわけではないにせよ、心配かけていることには変わりない。無事帰れたら、まず1番に謝らなくてはなるまい。

将臣の肩の上で、帝は黙り込む。

幼い子供にとって、両親と離れ離れになっている、などという話は、聞くだけでもつらいものかもしれない。

まして帝は父親を亡くしている。もしや泣いてしまうのではないかと、将臣は心配になった。

「今すぐに帰ったりはしねえぞ。一緒にこの世界に来ちまったかもしれない奴らとも、まだ会えてねえし」

 付け加えるなら、帰るための方法すら、いまだわからないのだし。

「だから、まだ当分は世話になる」

 将臣は断言した。……よく考えたら、偉そうに言うことでもないが。

「では、その間は友達なのだな」

と帝が言う。今度は迷わずに、「ああ」と返事をした。

 ホッとしたように笑顔を浮かべる帝。

そのタイミングを待っていたのだろうか。帝の世話役の女官たちが、こちらに近付いてきた。

「帝、冷えて参りましたわ。そろそろお戻りになりませんと」

「嫌だ、まだ遊ぶ!」

と帝は叫んだ。

「私はまだ将臣殿と一緒に居る!」

 初めて内裏に来た時も、やっぱりこんなやり取りをした気がする。

そして女官の1人が、何か思いついたようにぽんと手を打つのも同じ。

「そうですわ、今夜は七夕でございます。将臣殿にも、願い事をしていただかなくてはいけませんわ」

 別に、自分は願い事などしなくてもいい。……が、彼女たちも役目があるのだろう。帝が風邪でもひいたら確かに問題であるし、ここは調子を合わせておくべきか。

「あー、そういや、まだ書いてなかったな。短冊、じゃなくて梶の葉だったか」

将臣が言うと、帝は「わかった」とうなずいた。

「一緒に願い事をしよう、将臣殿」

 帝を肩から下ろし、代わりに手をつないで、時子らのもとに戻る。

「これだ、ここに願いを書くのだぞ、将臣殿」

 帝が梶の葉を手渡してくれる。

「どうぞ」

 清宗が墨をつけた筆を。

 さて、何を書こうか――と考えていると、どうも暇を持て余していたらしい知盛・重衡兄弟が酒を片手に寄ってきた。

「将臣殿は、どのような願い事をなさるのでしょう」

 興味深そうにつぶやく重衡。知盛は「クッ」と笑って、

「大方、ずっと探している、女のこと、だろう……?」

 探しているのは女だけではない、弟も同じだと、何度言えばこいつには通じるのか。

 あるいは、知盛のことだ。自身が興味・関心のない話題は、本気で忘れているという可能性もないではない。

「兄上もたまにはよいことを仰いますね」

 なぜか感じ入ったように、重衡がうなずいた。

「七夕は秘めた想いを伝え合う日でもあります。――将臣殿。ここはひとつ、想いの成就を願ってみてはどうでしょう」

ひやかす気満々の兄弟の前でそんな真似をするほど、自分は馬鹿ではない。

とはいえ、あらたまって星に願うことといったら、望美たちとの再会か、もとの世界に帰ることくらいしか――。

いや。もう1つあったか。

思い浮かんだのは経正の顔。先日、邸で飲んだ時に聞いた、いずれ北陸に出兵するという話――。

経正は副将で、大将を務めるのは通盛だと言っていた。ついさっき、妹のおめでた話に感涙にむせんでいたあの男も、間もなく戦地に赴くことになるのだ。

それは2人に限った話ではない。知盛や重衡も、少し離れた場所から遠巻きにこちらを見ている小松兄弟らも、そうなる可能性が高い。

なぜなら、将臣の知る歴史では、平家一門はいずれ(いくさ)敗れて滅亡の道を辿るのだから――。

(……同じになるとは限らない)

 将臣は思った。

清盛が病に倒れた際にも、全く同じことを考えた。

 ここは異世界。

 平家の人々は、過去に滅びた一族ではなく、今、将臣の目の前で生きている。

「……だいぶお悩みの様子ですね」

 筆を持ったまま物思いにふけっている将臣を見て、重衡が言った。

「夜が明ける前には……決まるとよいがな……」

 うるせえな、と将臣は知盛の顔をにらんだ。

 まあ、確かに。いつまでも悩んでいても仕方ない。こういうのはフィーリングだ。適当に思いついた言葉を、将臣はさらさらと梶の葉に書いた。

 知盛が手元をのぞき込み、妙なものを見た、という風に眉をひそめた。

「何と書いたのだ?」

 帝が無邪気な顔で尋ねてくる。

「ん。『家内安全』だ」

 将臣はそう言って、漢字四文字が書かれた梶の葉を帝に見えやすいようにした。

「家の中に、災いが降りかかりませんように。家族が平和でありますように――って意味だ。こういうの、よく紙に書いて家の中に張ったりするだろ?」

と、そこで小さく首をひねる。

「……ん?あれは願い事じゃなくて、神社でもらってくる(ふだ)か何かだったか?」

 将臣の微妙かつ曖昧な説明に、帝はきょとんとしている。代わりに清宗が、

「いい願い事ですね」

とフォローしてくれた。

「将臣殿のご家族が元気でいますように、って僕もお願いします」

 一生懸命励ましてくれる少年に、将臣は「ありがとよ」と笑いかけた。

「つまらんな――」

 知盛は興をそがれたようだ。もはや用もないとばかりに、さっさとそばを離れていく。

 その背に向かって、将臣はわざと聞こえないようにつぶやいた。

「俺にとっては、それほどつまらない願いってわけでもないんだがな」

そして立ち上がり、願いを書いた梶の葉を(たらい)の水に浮かべた。

 かすかに波紋が広がり、夜空の星々が揺れる。書いたばかりの墨が、じんわりと水ににじんだ。

「これでよし、と」

 将臣は顔を上げた。別に何かをやりとげたというわけでもないのに、妙にすっきりした気分になっていた。

「……どうかなさったのですか、将臣殿」

 重衡が聞いてくる。答える代わりに、将臣はそこに居る人々の顔を順に見回した。

 帝と清宗。その膝で眠ったままの副将丸。

 時子、建礼門院、重衡。ついでに白猫。知盛の姿は、既に見えない。

 ――家族が平和であるように。

その言葉には今、自分にとって、2通りの意味がある。

ひとつは清宗が言った意味だ。そしてもうひとつは――。




三十四、寿永元年秋 に進む



目次に戻る



サイトの入口に戻る