「遙かなる時空の中で6」プレイ日記

 

第6回「諸悪の根源見えぬまま」

 

 さて、第3章です。

 ダリウスの邸で過ごした第1章と同様、わりとのんびりした空気の中、各キャラの個別イベントを見ていくことになります。

とはいえ、どうせ帝国軍も何か企んでるんでしょ?という気分だったので、あまりのんびりと……は楽しめませんでした。

 一応、現段階でのキャラクターの印象を簡単にまとめておきます。

 

 まずは精鋭分隊隊長・有馬一。

 クールストイック系かと思いきや、さわやか体育会系でした。

 どちらにしろ、管理人はあまり好みでな(略)。

 眼光鋭く、ぱっと見は怖そうだけど、意外に面倒見のいいところもあるようです。部下に慕われる、いい隊長さんですね。

 

 副隊長の片霧秋兵は、お茶目な二枚目キャラです。

有馬の片腕で、良き理解者。

 女性に優しいのは見た目通りだけど、「甘い」のではなく、上手に気遣ってくれる感じ。

 ゲームをやる前は、「遙か3」の弁慶さんみたいな腹黒参謀タイプかな?と思ってたんですが、実際は特に腹黒な印象もなく。むしろ人としては信用できそうなタイプかな、と思いました。

 

 星の一族・萩尾九段。

 天然すっとぼけキャラ。

「神子を守る」という使命第一のわりには、意外と融通も効く人。たとえ梓が軍のためにならない行動をしても、常に味方でいてくれます。

根が善良っていうか、優しいんですね。

 千代とは息のあった幼なじみコンビを見せてくれます。

 

 情報屋の里谷村雨。

 ゲームやる前からタイプだと思ってたけど、実際にやってみたら予想以上だった(笑)。

 見た目や性格も好きだし、「神子」というフィルターなしに、あくまで「普通の人間」として接してくれるのも嬉しい。

「ハイカラヤ」のマスターや常連客とのやり取りもおもしろく、「ここが本拠地だったらなあ……」と何度か思いました。

 

 白龍の神子・駒野千代。

 いかんせん、イベント自体少ないので評価しづらいのですが……、足りないところを想像で埋めつつ考えると、悪いキャラではない気がします。

 見た目は純情そうな感じでも、意外にちゃっかりしたところもあって、少なくとも梓よりはしっかりしているし(笑)、自分の意思らしきものもある。

「帝都を守りたい」という言葉も、もともとこの世界の住人である彼女が言うなら、多少の説得力はあります。

 仮にこっちが主役だったら、どうだったでしょうね?

 

 ――3章後半には、隅田川の花火大会があります。ここで同行者を誰にするかによって、エンディングが分岐します。

管理人はルードくんを選んでみました。

里谷も捨てがたかったけど、彼は特殊な立ち位置のキャラですからね。1周目に選ぶのは、やはり鬼の一族サイドの誰かがいいかな、と。

 

 花火大会までの間は、特に何事も起こりませんでした。

 

 各キャラ個別のイベントはありますが、それ以外の、怨霊発生の原因、帝国軍の目的、憑闇の謎などについては、いっさい何もなし。

 本当に、ただ怨霊と戦っていただけです。

 にも関わらず、いつのまにか梓が帝国軍の人たちを「仲間」と言い、千代を「親友」と呼ぶようになっていたり……いいのか、それで。梓。

 

 花火大会の後は、一気にいろんなことが起こります。

 帝国軍が何かヤバイ計画を立てていることがわかったり、町の中で怪しい集会がひらかれているらしいという噂を聞いたり。

 そんな中、梓と千代の神子様2人は何をしていたか、というと。

「今まで通り、私たちにできることを1つずつしていきましょう」と言って、地道な怨霊退治を続けていましたとさ。

 ……だから、本当にいいのか、それで。

 もうちょっとこう、軍の目的を探るとかさ、怨霊が発生するようになった「2年前」に何があったのか、調べてみるとかさ。あるでしょ?

 

 なんだろう、これ。

 個別のイベントはけして悪くないんだけど、それがうまくストーリーと絡んでこない。

というより、肝心のストーリーがちっとも盛り上がらない。

怨霊との戦闘と個別イベントをひたすら繰り返していく作業は、正直、単調でした。

 その戦闘にしても、怨霊の復活頻度が半端なく、倒したそばからほこほこほこほこ湧いて出るので、無駄なことをやらされてる感が拭えません。

 

……「遙か」って、こんなゲームでしたっけ。

「遙か3」の時は、とにかくストーリーに力があって、それが各キャラの魅力と相乗効果を起こして、ぐいぐい先に引っ張っていってくれる感じがありました。

「1」や「2」の時は、自由度が高い分、ストーリー性は低かったけれども、それでもやることは結構あったし、ここまで単調だとは思わなかったよ。

 

それとも、管理人の遊び方が悪いのか。

1周目では、遊ぶ前から期待値の高かったコハクと里谷、遊んでみたら意外とよかったルードと萩尾のイベントを見てるんですが。

いかにも本命っぽい有馬やダリウスの個別イベントをしっかり見ていけば、もっといろんなことがわかって、ゲームにのめりこめたのか。

それにしても、攻略キャラ8人中4人のイベントを見ているのにこれって……。この調子だと、2周目を遊ぶ気力すらなくなりそうだよ……(不安)。




プレイ日記・第7回に進む



プレイ日記・目次に戻る



サイトの入口に戻る